握り方

引手・・・右打者にとっての左手・左打者にとっての右手
押手・・・右打者にとっての右手・左打者にとっての左手

良い握り方

引手の第2関節と押手の第3関節を揃えた握り方

◉ インパクトでボールの衝撃に対応し、力強く打ち返すための握り方。もちろん最初から強く握る必要はない。構えの時は柔らかく握り、インパクトで力を込めればいい。

悪い握り方

引手と押手の第2関節をそろえた握り方

◉ いわゆる両手を絞った握り方。両手を絞ると確かに脇は締まるが、窮屈な状態となり、インパクトでボールに負けてしまう。具体的には、引手の第2関節と押手の第3関節を揃える握り方がベストです。この握り方なら、強い衝撃にも対応できます。重くて大きいバスケットボールを打ち返そうとすると、この握り方でないと重いボールをしっかりと受け止められないことが体感できると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ