飛距離を伸ばすにはフォロースルーを大きく

バッティングは、体重を軸足に乗せて、パワーを向かってくるボールにぶつけますが、大きくフォロースルーするためには、打つ瞬間に全てのパワーを使い切っては、スイングを大きくとれなくなります。余力を残してインパクトし、フォロースルーで力を加えるイメージで打ちましょう。素振りでは大きなフォロースルーが取れるのに、打席に立つとフォロースルーが小さくなる選手がいます。実際のバッティングで大きなフォロースルーを取るための練習は、イチロー選手がネクスト・バッターズ・サークルで行う、ゴルフスイングがオススメです。フォロースル―を大きくとることをイメージし、素振りを繰り返し行いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ