グリーンを絶対にオーバーしたくないとき

少しでも遠くへ飛ばしたいのが一般的なゴルファーの願望だと思いますが、アイアンではコントロールを優先したい時があります。グリーンを絶対にオーバーさせたくなければ、ボールに近づいて立ちましょう。また、スタンスを狭くすることによって体重移動を抑制できます。さらに飛距離を小さくしたい時は、オープンスタンスにすることで体のひねりを小さくできます。

ボールを飛ばさないためのポイント7つ

ボールを飛ばさないためのポイントは以下のようになります。

(1)スタンスを狭くする
(2)オープンスタンスにする
(3)ボールに近くに打つ
(4)クラブを短く持つ
(5)トップを小さくする
(6)ボールを右に寄せる
(7)力を入れない

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ