ゴルフの打ち方(初心者)2

アドレス、スタンス、グリップについて説明しました。今回は、バックスイングについて説明していきます。

バックスイング

バックスイングとはクラブを後方へ引き上げる動作をいいます。クラブの上げ方を説明していきます。まず、左腕とクラブヘッドを一体化して上げましょう。手首を使わず、少なくともクラブヘッドが右足の前を通過するまで、飛球線に沿って真っ直ぐ引くようにします。左肩からヘッドまでを1本の線にして真っ直ぐに引く。バックスイングのスタートで手首を使ってしまうと、クラブフェースが開き、スイング軌道も一定しません。

右腰からはグリップを真上にあげるつもりで

ゴルフスイングとは身体の回転運動と腕の上下運動の組み合わせです。したがって、身体と腕を分解して見た場合、身体は横、腕は縦の動きになっていなければなりません。しかし、初心者の場合、どうしても身体の回転する方向に腕が上がり、トップスイング(バックスイングの頂点)が低くなることが多いようです。これでは極端なフラットスイング(横振り)になり、スイングプレーンからヘッドが外れてしまいます。右腰の位置からクラブを立てるようにして腕を真上に上げていく。内側に引いてしまうとクラブが寝て、横なぐりのスイング軌道になってしまう。

右膝の角度を変えずに上体を捻る

バックスイングの目的はボールをヒットするパワーを蓄積することにあるわけですが、そのためには上半身と下半身とに捻転差をつけなければなりません。右膝の角度を保つことによって、上体の右へのスエーを防ぎ、捻転のパワーを蓄積することが可能になる。左脇の締めを意識したまま状態を大きく捻転させましょう。

トップ

バックスイングをどこまでとるか?それがトップ。左肩がアゴの下にきたらトップです。

スイングプレーン

スイング中にクラブヘッドが描く円のことをスイングプレーンと呼びます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ