ゴルフの打ち方(初心者)3

前回まででアドレス、バックスイング、トップと説明しました。今回はダウンスイングからフィニッシュまで説明していきます。

ダウンスイング

クラブを引き切ったら(トップの後に)スイングを開始していきます。
身体の上下動を防ぐという意味において、ダウンスイングでのアゴの向きも重要なポイントとなります。初心者の場合、ボールを上げようと意識するあまり、ダウンスイングでアゴで上がってしまう人が多いようです。その結果身体の左サイドが早く伸び上がり、右に体重が残るために身体が上下に動いてしまう。アゴは必ず正面に向けておくこと。アゴをアドレスの状態に保ち、アゴの下に右肩を通すようにダウンスイングすれば身体の上下動も抑えられ、ヘッドスピードが増します。

インパクトまで両肩のラインはクローズ

スイングの軌道を決める最大のポイントはダウンスイングでの両肩の向きにあります。プロがよく「常に胸の前にグリップがあるようにスイングしろ」というのは、身体のターンと腕を振るタイミングを合わせろということで、これが合ってはじめてボールは真っ直ぐに飛びます。初心者はどうしても肩の開きが早く、腕が遅れるためにアウトサイドインの軌道になりがちですが、インパクトまで両肩のラインは飛球線に対してクローズになっていなければなりません。肩が早く開くとヘッドが遠回りし、アウトサイドインのスイング軌道となるためにスライスボールが出やすい。

インパクト

「頭をアドレスの位置より左にズラさない」
インパクトはアドレスの再現という言葉があります。アドレスでは体全体が飛球線にスクエアになっていたはずですが、インパクトでも極力この形を保つということです。もちろん下半身は先行して回転していますから左腰はやや開き、右膝も左へ寄ってはいますが、頭と両肩のライン、グリップはアドレスの位置に収まっていなければなりません。頭が左に流れるとヘッドスピードは上がらない

フォロースルー

フォロースルーでは左腕を伸ばさず、肘を地面に向けるようにして左脇を締めること。クラブヘッドが左腰を過ぎたあたりからはバックスイングの時と同様にクラブヘッドをそれ以上内側に引かず、上に上げるつもりで振り抜きます。この時のポイントは左肘。左脇を締め、肘が地面を指すように左腕をたたむのです。フォロースルーで伸びるのは右腕だけ。右腕の力を生かし、ヘッドを走らせるためには肘を支点に左腕を短く使うことが大切です。

右肩を平らにターンさせよう

フォロースルーの大きさと飛距離は正比例するといっても過言ではありません。フォロースルーでのスイングアーク(クラブヘッドが描く円弧)が大きければ大きいほどヘッドスピードが上がり、ボールは遠くに飛ぶわけです。スイングアークを大きくする秘訣は右肩の送りにあります。インパクトからフォロースルーにかけて、右肩を飛球線方向へレベルに押し込んでいけばウエートも左足へしっかりと乗り、ボディターンも大きくなるので飛距離も方向性もグンとアップします。肩の回転はスイング軸に対して水平に回す。アゴの下に右肩を通すようにフォロースルーをとろう

フィニッシュ

左ひざが流れたり、開いたりしない。左足一本で立っているようなイメージのフィニッシュを。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ