ゴルフ初心者のアイアン練習のポイント

アイアンの特性。(1)アイアンは、ロフトが大きくなるとスイング軌道の方向にボールが飛びます(ショートアイアン)。(2)ロフトが小さくなるとクラブフェースの向いている方向にボールが飛びます(ミドルアイアン)。
したがって、クラブフェースを開いた状態でボールを打つと、ショートアイアンではロフトが大きくなるので高いボールになり、ミドルアイアンではボールが右に飛び、さらにサイドスピンがかかりスライスします。


アイアンショットでピンそばにボールをつけるためには、方向と距離が合わないといけません。

アマチュアはまず方向をマスターしましょう。

アイアンでは、
(1)力一杯振らないこと。
力一杯振ると、打つべき方向に飛ぶ確率がかなり低下します。そのため、必ず大きいクラブを持つようにしましょう。ただ、ゆっくり振るとバックスピンがかからず、ボールが止まりません。一般のゴルファーにとっては方向が狂わない利点の方がはるかに大きいです。

(2)フォロースルーに力を入れない。
よくインパクト後にヘッドスピードが最大になるように振れと、言われますが、むしろインパクト後にヘッドスピードを落とすような打ち方が正解です。クラブフェースをピン方向に向けたままでスイングを止める感じがベターです。

(3)体重移動を大きくしない。
体重移動を鋭く行うとスイングのタイミングが狂います。するとクラブフェースの向きが変わってしまいます。アイアンの体重移動は小さくゆっくり行う方が良いでしょう。体重移動で打つというより、スイングリズムを取るために体重移動するのだと考えましょう。バックスイングで左足かかとは大きくあげません。傾斜地では腰から下を固定して、肩の回転だけで打っていきましょう。

(4)グリップでヘッドを引っ張りながらインパクトしよう。
インパクトでヘッドがグリップより先行すると引っ掛けが出ます。力いっぱい振るとヘッドが先行するリスクが高いですので、グリップでヘッドを引っ張りながらインパクトすることを忘れないようにしましょう。

ロフトの基礎知識

ロフトクラブフェースの傾斜角のことを ロフトと言い、通常 その角度が大きいクラブほど ボールは より高く上がり、打ったボールのバックスピン量も多くなリます。そして、同じ打ち方をした場合、そのショットの飛距離は(遠くに飛ばせるクラブになれば なる程 シャフトの特性やヘッドの重心深度にも影響されるが)ほぼ このロフトによって決まります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ