ゴルフ初心者のゴルフ練習のポイント

(1)一般のゴルファーは、練習場でひたすらボールをまっすぐ飛ばそうとしがちです。しかし、練習場ではボールをまっすぐ飛ばすことだけを考えず、左右に曲げることを考えましょう。練習場でのドライバーショットの真の目的は、方向の補正にあると考えて良いです。

(2)ラウンド中に突然ショットが乱れ始めた時のことを考えて、普段からショットの乱れに対する補正方法をマニュアル化させて会得して置くことが大事です。

ドライバーショットの補正方法

・ドライバーショットが左へ飛び始めたら(1)体重移動を早くする(2)ダウンスイングで右ひじをヘソのそばを通す(3)ハイフィニッシュにする、のいずれかの方法で補正できる。
・ドライバーショットが右へ飛び始めたら、(1)体重移動を遅くする。(2)ダウンスイングで左ひじをヘソのそばを通す。
また、体重移動を早くするのは簡単ですが、遅くするのは難しいです。そこで、通常よりボールの位置を5センチ左に移動させ、ティアップを高くしましょう。これが、体重移動を遅くすることにつながります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ