ゴルフ初心者のパットのポイント

パットでは、打ち出し始めはボールに回転がなく、芝の上を滑っていくだけ。その後、芝の摩擦によって回転し始めるから、ボールにオーバースピンをかけるように打つのは意味がありません。パッティングはゴルフの中でも典型的なゲーム領域であり、知識さえ積めば誰でもプロと対等になれます。
ボールが転がる時、ボールの重さを芝が支えます。この時ボールが2倍の速度で転がると、支える重さは半分になります。転がりの遅いボールは芝に沈み、抵抗を多く受けます。転がりの遅いボールは停止寸前で急にブレーキがかかり、距離合わせが楽になります。
パットの距離感で大切なことは、肘から先の形を変えずにストロークすることです。20メートルのロングパットがある場合、まず10メートルの距離の素振りをし、ついで15メートル、最後に20メートルの素振りをしてから本番に入るようにしましょう。
ボールの転がる速度が速くなるほどカップインの幅は狭くなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ