スイングでは力まずリズムで打とう

飛距離を出そうとすると、インパクトでボールを強く叩きがちですが、これが、余分な力を呼んで、方向性を狂わせます。まず、スイングの基本を説明していきます。

1.基本スイング

大きなフォローを描くためにも体重を左足へ移行していくことが必要です。ドライバーでは、トップで右足に6分に体重がかかり、左足が4分です。右足の内側に自分の体重がかかったような感じで構えます。ここからダウンでは、左足の踏み込みを行い、頭をボールの後ろに保って、インパクト後に体重を左足に乗せていきます。フィニッシュで左足に体重が乗り、右足で支えます。

フィニッシュで体重を左足に乗せる練習方法

ボールを打ったら目標方向に歩いてみてください。一連の動作としてできるようなら、完全に左足に体重を乗せて打てるはずです。

2.「ヒット&スルー」

「ヒット&スルー」と言いますが、打つ感覚と、同時にスルー感覚、つまり振り抜いていく気持ちも大事です。スイング前の素振りでも、振り抜いていく感覚に意識を集中すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ