スイングで頭は残す

頭は残す?残さない?は、グリップで決めましょう。インパクト直後まで頭を残すということは、クラブと体が引っ張り合うことで、遠心力を発生させるという役目があります。頭を残すことによって、ヘッドを走らせ、球を捕まえるという効果があリます。

・ウィークグリップは、頭を残さなければ、スライスになりやすいと言われます。
・ストロンググリップは、頭を残すと球がつかまり過ぎてフックしやすいと言われます。

頭ではなくて目線を残す!

アドレス時の目線を変えずにインパクトできれば、それだけスイングプレーンを安定させることができます。アドレス時の視界を変えずにスイングすることが大事です。

目線を残すスイングする感覚を身につけるには?

左手を前に差し出して、クラブを杖のようにつき、右手一本で素振りをするドリルを行いましょう。左手の位置を固定することによって、自然にアドレス時の視界が変わりにくくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ