スイングにおける右膝の動き

インパクトでヘッドを直線的に走らせ、フェイス面をスクエアでインパクトするためには、下半身の動きも大事です。
普通、飛距離を出そうとして体重移動を行いますが、この時、膝の使い方がショットの安定に関わってきます。

インパクトまで右膝をガマン

ダウンからインパクトにかけて右膝を打球方向に送り出すようにスイングしますが、右膝だけが先行して、スイングと連動しないと、上体が突っ込んだり、振り遅れが生じ、フェイスが開きます。
振り遅れが生じたり、フェイスが開く時は、右膝をガマンし、股関節でしっかり踏ん張るようにすると、ショットの安定感が戻ります。インパクトのあとは、右膝のガマンを解放して、クラブを振り切りましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ