スイングの軸の考え方

スイングの軸を考える前に、基本的なアドバイスを列挙いたします。

(1)肩の回転速度を上げましょう

腹筋と背筋を使いながら、腰から上を鋭くねじり、肩の回転速度を速めるスイングをしましょう。また、右足の蹴りで左へ体重移動させることにより、肩の回転力が増し、右腕が目標方向へ大きく伸びた形が作り、これが方向性と飛距離アップにつながります。

(2)右腕を伸ばす

肩の回転と腕の振りに合わせて、タイミングよく右足で地面をけることで、体重移動と肩回転の力が集中したスイングが完成します。右足の蹴りで右腰と右肩が目標方向へ回転移動すると、右腕を目標方向へ大きく伸ばすことができます。これが飛距離を増大させる上で大事なことであり、右腕が伸びないと左ひじが曲がったフォロースルーとなり、飛距離が出ないばかりかボールを曲げる原因を作ってしまいます。

(3)軸のイメージ

頭の位置はアドレスのときより5センチ以上右に移動しています。アドレスで体の中心にあった回転軸は、トップを作った時点で、右足裏と頭を結ぶ軸へ移動します。バックスイングで、頭と右足裏を結ぶほとんど垂直な直線軸を中心に体を回転させた状態が作られています。ダウンスイングでは、軸が変わります。インパクト直前では、左足裏と頭を結ぶ軸が作られます。この軸に、体の右サイドが巻き付くように回転していきます。この軸が作られたところで軸の移動が急停止することで、これによって左への移動エネルギーが腰回転のエネルギーに変換されます。軸を一つに固定するよりも、軸が変わると考えた方がヘッドスピードが増します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ