スイングは左サイドでリードする

ゴルフスイングは、左サイドでリードする、などといいます。バックスイングからダウンスイングへ切り返しで、右サイドよりも左サイドのほうが先に動きます。体の左サイドによって、スイングがリードされると、ボールをできるだけ正確に目標に運ぶことができます。プロでも、バックスイングからダウンスイングに切り返すとき、左サイドの方が右サイドよりも一瞬早く動き始めます。

左サイドでリードする

左サイドでリードした方が、クラブをコントロールできるゾーンが長いです。右手1本でスイングした時には、ダウンスイングで右手が腰の高さにくるあたりまでクラブをコントロールできますが、それ以降はクラブがリリースされるので、コントロールは不可能となります。左手1本でスイングすると、インパクトを過ぎて、左腕とクラブが一直線になるところまで、体の動きでクラブをコントロールすることができます。飛距離だけでしたら、右サイドで打った方が距離が出ます。方向性、安定性、反復性という点から見れば、左サイドでリードした方が、有利になリます。左サイドでリードしてクラブに振られる感覚が大事です。

左サイドでリードするためのドリル

左サイドのリードを身につけるためには、左腕でクラブをコントロールする感覚を身につけるドリルは、(1)左手一本で素振りをする(2)強く振ることよりも、クラブの重さを感じながら体重移動を意識してスイングする(3)左手一本でボールを打つ

リラックスして、まっすぐボールを飛ばせるようになるまでやりましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ