スライスがかかる人はこうしよう

トップでフェースが開き、スイングプレーンに対してスクエアではなく平行になった状態で収めるフォームでは、開いたフェースをインパクトまでにスクエアに戻さなければならず、フェース面をスクエアに戻すタイミングがわずかに遅れると、スライスボールが出ます。スライスの原因の半分以上はこれが原因です。

テイクバックで左手首を軽く内側に曲げよ

インパクトでフェースをスクエアに合わせるスイングより、スイング中常にフェースがスクエアになるスイングの方が練習量の少ないアマチュアには向いています。テイクバックで左手首を軽く内側に曲げてやりましょう。また、ボールの位置を様々に変化させるアイアンでは、ボールを置く位置を変えることによってフェースの向きが変化します。こうなって来ると、スイングマスターには熟練を必要とします。
テイクバックの初期から、左手首を軽く内側に曲げてやるだけで、フェース面がスクエアになります。インパクトで手首を返す必要はありません。自然にスイングするとインパクトでは曲げた左手首が勝手に伸びて、今までと同じインパクトの形に戻ります。このスイングをすると、ボールがまっすぐに飛びます。また、ボールの位置を変えるだけで高低の打ち分けが簡単にできます。

インパクトで少し手首の屈曲を残す感じがボールを左へ引っ掛けないために有効です。その代わりロフトが立ちますから、人によってはドライバーショットの弾道が低くなり、10ヤードほど飛距離が落ちる場合もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ