スライスを直したい方へ

スライスの元凶は、ヘッドが外から下りてきて、カット打ちになるアウトサイドインの軌道です。

スライスになるスイング

フォローで左ひじを引いて自分の方へ巻き込むために、小さなフォローになり、アウトサイドインになります。フォローでは外にクラブを放り投げるイメージで、大きな円を描くようにしましょう。

フィニッシュを高く

ボールを打ちにいく意識が強いために、ダウンの初期に右肩が前に出て、フォローでは体の左サイドが崩れ、左腰や左ひじが自分のところの方へ急激に引けてしまいます。フィニッシュでは大きく高くしましょう。フィニッシュで手を左耳の斜め上に納めるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ