テイクバックの考え方

テイクバックはダウンスイングのためにあります。ダウンでオンプレーンを描くために、基本は、テイクバックでプレーンから外れないようにしましょう。

(1)パワーがない人は、手元よりもヘッドを遅らせてテイクバックしても良い。
クラブのしなり、重心の移動を強調したテイクバックです。

(2)手元を動かさず、コックであげる
クラブの動きをシンプルに、体の回転を強調したテイクバックです。

(3)両腕の三角形を崩さずにテイクバック
支点となるグリップエンドの動きを抑えることで、オンプレーンを描きやすくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ