ドライバーは右肩、右腰を左へ直線的に動かそう

理想のスイングをするには、
(1)目標方向へボールを飛ばすには、右肩、右腰を左へ直線的に動かしましょう。
(2)フォロースルーで両肩は目標に向きます。向かないときは左肘が曲がっているはずです。
(3)インパクトでは腰の回転は肩に追い抜かれ、フィニッシュで肩の回転に引っ張られるようにして目標を向きます。
(4)右足の蹴りによって右腰が直線的に移動し、左腰が右腰に道を開けるように後ろに引かれます。
(5)トップでアドレス時の膝曲げ状態を維持することが大事です。右膝を固定することが軸回転スイングの基礎になります。

シャフトはヒモと考えて良い。

インパクト直後にボールの衝撃によってヘッドがブレーキをかけられ、しなります。シャフトのしなりの復元力はボールの飛びには全く関係がありません。

トップの形

・ミスショットの原因の半分以上を占める打ち急ぎは、メンタルな要因によっていつものトップの形になる前にダウンスイングを開始することに原因があります。したがって、一定のトップの形や安定性はミスショット防止のために極めて重要です。トップの形を一定にしておかないと、同一のスイングはほとんど不可能と言っていいでしょう。
・一定のトップの形を収める方法は、トップでは、クラブを立てた状態で収めると、ヘッドの重たさがグリップにかかりませんから、トップが安定します。クラブを斜めに立てたトップから打ちましょう。
・クラブを立てると、トップの収まりが浅く感じて、飛距離が落ちるのではないかと心配する人もいますが、クラブを立てることによりヘッドの位置エネルギーが増加し、むしろ飛距離が伸びます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ