ハンドファーストとは

ハンドファーストとは、インパクトでボールからグリップが先行することを言います。グリップを水平に動かせた上で、ダウンブローをするには、グリップをボールよりも先行させてインパクトさせるしかありません。

ハンドファーストのスイングをマスターしよう

・インパクトの瞬間のグリップ位置では、インパクトでグリップは静止していると考えて良いです。インパクトでグリップが静止して、ヘッドだけが走る感覚が実感しましょう。
・ドライバーショットでは、ボールの真上にグリップがきます。
・ボールの位置よりどれくらいグリップを先行させるかを決め、そのハンドファーストの形になるようにアドレスを作ります。その時の手の位置をしっかりと確認しておいてください。そして左手のところに幻のボールがあると想定します。スイング中は、ハンドファーストの状態を維持するイメージでクラブを振りましょう。そして、実際のボールを打つのではなく、アドレスで想定した幻のボールを右手でひっぱたくつもりでショットします。すると、アドレスのグリップ位置でボールの衝撃を感じるようになるはずです。

ハンドファーストの練習方法

左足よりさらに左にボールを置いて、ハンドファーストの形になるようにボールを打ちましょう。変な格好になりますが、これでボールが打てれば、ハンドファーストを会得したことになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ