パットの打ち方

粘り強いプレーを続けていく最終的なポイントとなるのは、パットです。パットにフォームなしといいますが、基本はしっかりと押さえましょう。

1.目のライン

目のラインを目標線と平行にしましょう。ボールの真上に目を置いて見下ろしましょう。この見方をすれば、ラインが斜めに見えることはありません。

2.しゃがんで傾斜を見る

目を低くした方が、傾斜が読みやすくなります。しゃがんでライン、傾斜を判断しましょう。

3.ショートパットはフォローを取らない

ラインにのせて流し込もうとするとフォローが長くなりがちです。手首を固めて打つことで、フェースの向きが変わらないようにしましょう。インパクトでヘッドを止めるイメージを持ちましょう。

手首を柔らかくするか固めるか

ドライバーショットのように、インパクトでシャフトがヒモと考えられるショットでは、手首をプランプランに柔らかくしておいた方がヘッドがよく走ります。ドライバーショットではシャフトをヒモと考えて、ヒモの先に付いたおもりを振り回すように振リましょう。
アプローチショット、パット、ラフからのショット、バンカーショットでは、できるだけ手首を固めていた方がショットに狂いがなくなります。距離感を一定にするためには、フェースにボールが接触している時間の長いショット(アプローチ、パットなど)では手首を硬くしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ