手打ちスイングを直すには(ゴルフ初心者)

手打ちスイングを直したいというゴルフ初心者は多いと思います。手打ちスイングはリズムとバランスを崩しやすくなります。手でクラブを上げて、手で下ろすスイングを手打ちと言います。手というのは軽い部位です。軽いので、重い部分を動かすのに比べると動かすリズムが早くなりやすい。そういうところでリズムを作ってしまうと、重くて遅く動く部分がそのリズムについていけなくなります。基本的には、脚、お腹、背中などの遅く動く部位でリズムを作った方が、リズム、バランスは安定しやすく、同じ動きを繰り返しやすい。手の動きを抑えて、大きな筋肉を使ってスイングしましょう。手というのは動かすというよりも、その重さと長さを変えないように、腕の付け根や肩甲骨あたりから、揺らしていくような感じでスイングしましょう。

両脇にタオルを挟んでハーフスイングでボールを打つことで、脚、お腹、背中に意識を集中させてスイングしましょう。手打ちが矯正されます。細かいタッチやフィーリングを出すためには、手の役割は大切です。手を使うのは最後の最後です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ