FWで200ヤードをナイスオン

ゴルフ初心者がまず最初に練習するのがFWではないでしょうか。打ちっぱなし場で練習している方も多く見られます。

フェアウェイウッド(FW)とは

フェアウェイウッド(FW)とは、フェアウェイから打つクラブで、「長い距離をある程度狙って打ちたい」といった時に使います。FWは主に距離を残した二打目に使われることが多いです。ですが、距離の短いホールなどでは一打目で使われることもありますし、ランニングアプローチで使う人もいます。

フェアウェイウッド(FW)で200ヤードをナイスオンしたい!

安定感と、飛距離の両方が求められます。手打ちではコントロールも飛距離も出ません。だからと言って、体の使い方が悪いと、ミスショットになってしまいます。ポイントは2つ。

1.両手首を固定したまま打つ

安定感のポイントは、両手首を固定したまま打つことです。手首のコックが早くにほどかないようにしましょう。

2.肩幅よりも広いスタンス幅

飛距離のポイントはスタンスです。肩幅よりも広いスタンス幅で立ち、トップからダウンへの切り返しは、下半身主導です。右膝を目標方向へスライドさせると、手が引っ張られ、スイングを加速することができます。この時、絶対にコックをほどかないようにしましょう。手首のコックが早くにほどけてしまうと、ヘッドがボールの手前に落ちるので、タブってしまいます。両足の親指に重心をかけて、体の内側で体重移動しましょう。内ももで体重移動すれば、軸はブレません。インパクトで右足で地面を蹴るイメージを保つと距離が出ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ