ももトラップを練習しよう

足の付け根でトラップします。同じももといっても、膝に近い部分から足の付け根まで、ボールを受けるには色々な場所があります。ボールの勢いをうまく吸収するには、ももの膝に近い部分よりも、足の付け根の筋肉の柔らかい部分でトラップする方がうまくいきます。膝に近い部分は、筋肉も少なくかたいので、トラップの時にボールが跳ねてしまいやすいです。
(1)ボールが落ちて来る角度に合わせ、片足を上げてボールを受ける面を作る。
(2)ももの付け根の部分でボールを受け、勢いを吸収する。
(3)自分の足元に落ちるボールをよく見て、次のプレーに入る準備をする

ももトラップのポイント

自分に向かって来る浮き球が、自分のももの高さにきたら、片足をあげてももの部分にボールを当ててストップさせ、足元にコントロールしましょう。もものトラップは、片足を上げて軸足一本で立つことになるので、体のバランスを保つことが少し難しくなります。全てのトラップで共通に言えることですが、軸足を曲げて両手を少し広げ、体がぐらつかないように注意しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ