アウトサイドキックを練習しよう

アウトサイドキックは足の外側、小指の付け根あたりを中心にした部分で蹴るキックです。
トーキックと同じように、これも小さい蹴り足の振りで蹴ることができるので、とっさのパスなどに使うと便利です。
体を前に向けたまま、ボールを横の味方に出したい時に便利なキックです。蹴り足をスムーズに振るために、軸足をボールから少し離れた位置に踏み込むことがポイントです。相手の意表をつきやすいキックです。

アウトサイドキックの流れ

(1)ボールの真横ではなく、ボールから少し離れた場所に軸足を踏み出す。
(2)軸足を踏み込むと同時に、蹴り足を小さめに振り上げます。
(3)体は正面を向けたまま、蹴り足を外側に向けて振り、足の外側の面でボールをミートする
(4)そのまま蹴り足を外側に押し出し、パスする先と逆方向に走りだす。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ