インサイドキックを練習しよう

インサイドキックを練習しよう

インサイドキックは、足の内側の真ん中の平らな部分で蹴るキックです。
正確さが要求され、試合で使うことが多いキックですので、しっかり練習すべきです。

インサイドキックのポイント
(1)ボールから目を離さずに、両腕を広げてバランスをとりながら、左足(軸足)をボールの横に踏み込みます。
(2)踏み込んだ軸足を軽く曲げて体のバランスを保ち、蹴り足(右足)の内側の広い面でボールを蹴ります。
(3)蹴り足(右足)のかかとから先に振るイメージで、目標に向かって、足の内側の広い面で押し出します。

インサイドキックで蹴る時は、足の内側の広い面にしっかりとボールを当てることが大切です。
そして、その足の広い面を目標物に向かって押し出すように蹴ると、ボールを正確にまっすぐ蹴ることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ