インフロントキックを練習しよう

インフロントキックは足の内側の親指の付け根を中心とした部分で蹴るキックです。
ボールの下を蹴って、相手の頭越しに浮かせたボールや、ロングパスを蹴るときに使うと有効になります。ボールを浮かせることが目的ですので、ボールの中心よりも下にヒットポイントがあります。うまくボールの下に蹴り足を入れるポイントは、足首を伸ばして、つま先からボールの下に入れていくことと、状態を軽く後ろにそらすような意識を持って蹴ることです。また、蹴り足を綺麗に振り抜ければ、自然とボールにカーブ回転がかかります。繰り返し練習しましょう。

インフロントキックの流れ

(1)ボールの蹴る場所を見て、軸足を大きく前に踏み出す。
(2)ボールの横に軸足をしっかり踏み込み、体がぐらつかないようにバランスをとる。蹴り足を大きく振りかぶります。
(3)上体はややそらす感じで蹴り足のつま先をボールの下に入れます。つま先を下にして足首を伸ばし、つま先からボールの下に入れていくと、スムーズに蹴り足を振り切ることができます。
(4)やや体重を後ろに残したまま蹴り足を振り切りましょう。軸足と両腕で体のバランスをとります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ