ショートバウンドのトラップを練習しよう

ボールが地面に落ちて弾む瞬間に斜め上から足をかぶせるようにして、ボールをコントロールするトラップです。インサイドとアウトサイドの両方の使い方を覚えましょう。

足で斜め上からボールにフタをするイメージ

ショートバウンドをトラップするときのコツは、沸騰している鍋のフタを閉じるイメージです。フタを斜め上からそっとかぶせるイメージです。トラップをするときも、ボールが地面に落ちて弾む瞬間に足を斜め上からかぶせるようにして、ボールのバウンドを押さえるようにすると、考えた方向にボールをコントロールできるようになります。足をかぶせる瞬間が遅すぎると、ボールの斜め上から足をかぶせることができなくなります。

ショートバウンドのインサイドトラップ

(1)ショートバウンドのインサイドのトラップは、ボールの横から足を上げる。
(2)ボールが落ちて弾んだ瞬間に足を斜め上からかぶせるようにしていく。ボールの斜め上からインサイド(足の内側)で押さえる。
(3)ボールを横に転がし、自分の体も一緒に移動します。

ショートバウンドのアウトサイドステップ

(1)ショートバウンドのアウトサイドトラップは、ボールが落ちる前にトラップする足を軸足の前に持っていく
(2)軸足の前にトラップする足が出ていると、ボールが落ちて弾んだ瞬間にタイミングが合わせやすくなる。ボールの斜め上からアウトサイドで押さえます。
(3)ボールを横に転がし、自分の体も一緒に移動する。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ