トーキックを練習しよう

トーキックは足のつま先の部分で蹴るキックです。蹴り足の小さい振りでも強くて速いボールが蹴れます。
トーキックは、選手が密集している中で、相手に触られるよりも速くボールを蹴りたい時などに役立ちます。そのため大きく足を振り回すよりも、蹴り足は小さくコンパクトに振り抜けるようにしましょう。コンパクトに鋭くボールの中心を蹴れば、シューズの硬いつま先を当てるので、それだけで十分強いボールを蹴ることができます。

トーキックの流れ

(1)軸足はボールの真横ではなく、ボールのやや後ろに踏み込むと蹴りやすくなります。
(2)足首をL字型に固定し、足の先端の部分でボールをミートします。
(3)そのままつま先でボールを押し出すようなイメージで蹴り足を振りましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ