ボレーキックを練習しよう

ボレーキックは空中に浮いているボールを蹴るキックです。サッカーはボールが転がっているだけではないので、ゲーム中のパスやシュートなど、あらゆるところで必要になる重要なキックです。まず、落下点を見極め、体を軸足で支えましょう。浮き球を蹴るボレーキックは、ボールが落ちてくる場所を正確に予測しないと、正しいフォームでボールを蹴ることが難しくなります。落下点を予測する感覚は練習でつかんでいくしかありませんが、まずボールから目を逸らさないことが大きなポイントになります。また、ボレーで蹴るときには、軸足一本で体を支える必要があるので、しっかりと踏ん張ることを意識しましょう。
ボレーキックには、足のインサイド(内側)とインステップ(足の甲)に当てる2種類があります。どちらのキックも目標に向かってまっすぐボールを蹴るために、ミートする足の面を正確にボールに当てることが大切です。

ボレーキックの流れ

(1)浮き上がったボールをしっかりと見る
(2)ボールの落下点を予測して、軸足をしっかりと踏み込む
(3)軸足(右足)の膝を曲げて体を支え、バランスをとる。ボールを蹴る瞬間までボールから目を逸らさない。
ボールの落下点を間違えると、ボールを正確にミートできません。

①インサイドボレー

インサイドボレーは、インサイド(足の内側)の面でボールの中心をミートします。蹴り足(左足)のインサイドを目標に向買って押し出すように振り、ボールを蹴る。

②インステップボレー

インステップボレーは、インステップ(足の甲)の面でボールの中心をミートします。蹴り足(左足)が地面と平行になった時、インステップでボールをミートする。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ