胸トラップを練習しよう

胸トラップは、自分に向かって飛んでくる浮き球を、胸の部分でストップさせてコントロールするトラップです。体全体を使って、ボールの勢いを吸収し、自分の足元に落とせるようにしましょう。
(1)向かってくるボールの落下点を見極め、胸にボールが来る地点に入る
(2)ボールの落下点に自分の胸を合わせて、ボールをトラップする体勢をとる。
(3)自分の胸の左右どちらかの筋肉のある部分で、ボールを受ける
(4)勢いを吸収されたボールが足元に落ちて来る
(5)ボールをよく見て。キックの体勢に入る

上体を反らせてボールの勢いを吸収する

ボールを受ける場所は、胸の中央のかたい部分よりも、胸の左右どちらかの筋肉のある部分の方が勢いを吸収できます。ボールに対してただ胸を突き出すだけでは、ボールがはねてしまうので、ボールに触れる瞬間に膝を曲げて上体を反らせるようにしましょう。体全体をクッションのようにして、ボールの勢いを吸収しましょう。膝を曲げないと、上体を反らせることができず、ボールが跳ねてしまいやすい。ボールが胸に触れる瞬間に膝を曲げて上体を反らせます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ