足の甲でのトラップを練習しよう

足の甲でトラップするときは、上から下に足を引きましょう。
ボールを受けた足を引くことで、落ちて来るボールの勢いを吸収します。足を引く時間が長いほど、勢いは吸収されるので、足を上げて最初に高い位置でボールに触れ、落ちて来るボールに合わせて足を下に引くようにするのが、うまくトラップするコツです。うまくいくとボールが足にくっついているように見えます。

足の甲のトラップをするとき

自分に向かって落ちて来るボールを、足のつま先から甲の部分で受けて、ボールを地面で弾ませないように足元にコントロールするトラップです。落ちて来るボールのタイミングに合わせて、足を上から下へ引くことがポイントです。落ちて来るボールにタイミングに合わせて、高い位置でボールを待ちましょう。ボールを受けた瞬間、勢いを吸収するように足を引きましょう。ボールの勢いが完全になくなり、自分の足元にコントロールできます。
(1)ボールをよく見て落下点に入り、トラップする足を上げ始めます
(2)足を高く上げ、つま先を上に向けてボールを受ける体制を作る
(3)ボールに足が触れた瞬間に、ボールごと足を下に引くように動かす
(4)ボールをなるべく弾ませないように、自分の足元にコントロールする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ