カットの打ち方

カット打法とは、後進回転(バック・スピン)を連続して打つ打法です。カットにはフォアカットとバックカットがあります。この中にコートから離れたところで打つロングカットと、コートに接近してするカットやコート上でカットするショートカットがあります。コート上のカットはツッツキと同じです。コートから離れてのロングカットが、一般的に言われているカットのことです。

フォアハンドカット

(1)ボールから目を離さないようにします。
(2)右足を大きく引きます。
(3)左足は前に踏み出します。
(4)腰を落としてカット体勢に入り右足に体重を移動します。
(5)ラケットを、肩のラインまで振り上げます。
(6)打った後はそのままの角度で振り下ろします。
(7)ボールが体の右前にきたらラケットを斜めに振り下ろし下回転をかけます。
(8)肘が体から離れすぎないようにします。

バックハンドカット

(1)ボールの回転、方向をよく見ます。
(2)右足を前に出し、バックカットの構えに入リます。
(3)ラケットを左肩の前にバックスイングをとり、左足に体重を移します。
(4)インパクトの瞬間、重心は左足から右足に移動します。
(5)左肩の上までバックスイングしたラケットを、斜め前に振り下ろして、下回転をかけます。
(6)打球した後は、自然にラケットを斜めしたへフォロースルーします。

正しい構え

コートから1メートルから1、5メートルくらい離れて、中腰で構えるのが普通です。両足は平行か、右足を少し前に出すのが基本の構えです。ラケットは肘を脇につける感じで、体の右前に置き、膝を自然に軽く曲げ、前傾姿勢で構えます。ロングカットはショートカットよりも低い構えになります。

正しい打ち方

フォアカットは右足を後ろへ引きながら、ラケットを右の肩のラインまで振り上げます。ボールをよく見て、ボールが体の右側に来たら、ラケットを斜めに振り下ろして下回転をかけます。バックスイングとともに重心は右足に移動し、打球した後は左足に移動させ基本の構えに戻ります。フォアカットは、腕が体から離れるために、どうしても安定したフォームを作りづらいのが難点です。
バックカットの場合は、反対に右ひじを固定できるので、安定したフォームを作ることができます。左上に振り上げたラケットを、斜め前に振り下ろしてボールを左胸の前で捉え、下回転をかけます。重心はバックスイングを取った時に左足に移し、打球した時は右に移動させ、元の基本姿勢に戻ります。

基本フォームを身につける

カットは相手のミスで得点する戦型なので、基本のフォームを忠実に身につけることが大事です。そのために、足腰を安定させ、しっかりしたスタンスを取ります。次にフォアカットの場合は、左足が前、バックカットの場合は右足が前という順序で確実に打球します。常に、返球後はすぐ元の基本姿勢に戻ります。次に、カットフォームを安定させ、正確に返球するためには肩と肘、腰と膝をうまく活用することが重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ