シェークハンドのフォアハンド

シェークハンドのフォアハンドの打ち方を以下に列挙します。
(1)右足に重心を動かします。
(2)右肩を引き、腰を使ってバックスイングを取ります。
(3)腕のスイングとともに腰をひねり、肘が体から離れないよう注意します(ボールから目を離さない)。
(4)インパクトの瞬間に、右足から左足に重心が移動します。
(5)打った後は、左足に重心がかかります。
(6)ボールの行方を見ながら腕の力を抜いて振り切リます。

基本姿勢

構えは、コートのバックサイド側に寄り、コートから50センチくらいのところに立ちます。足の幅を肩幅よりやや広く取ります。コートのエンドラインと並行ではなく、左足を少し前に出します。膝は力を抜いて曲げ、上下に屈伸できる柔らかさを保ちます。体は前傾姿勢をとり、つま先に体重をかけます。ラケットは、コートの高さより少し上に保ち、肘を曲げ肩の力を抜いて構えます。この場合左手もラケットを持つ手と同じように軽く曲げて体の前におき、両手のバランスを保ちます。

打ち方

まず、相手のボールをよく見ます。ボールから目を離してはいけません。このことは、フォアハンドに限らず、ボールを打つための重要なポイントです。右肩を引きながらフリーハンド(ラケットを持たない手、右利きの人は左手)をうまく使ってボールを手元に呼び込みながら、腰を使ってバックスイングを取ります。肘は体からあまり離れないように注意し、後ろに引きます。肘の使い方は、フォアハンドを安定したフォームにするために、欠かせないテクニックです。ボールを打つ瞬間にラケットがボールに対して直角に出ます。打った後は、ボールをこするように腕を顔の前まで振り抜きます。打つ瞬間のラケットの角度により、ボールの飛んでいく角度が決まります。

フォロースルーと重心

打った後は、ボールの行方を見ながら、腕の力を抜いて振り抜きます。これをフォロースルーと言います。この後、自然に打つ前の構えに戻します。足と体の重心の移動は、打つ前の構えは前傾姿勢でつま先に体重をかけます。バックスイングの時は、右足に重心を移します。打つ瞬間は右足から左足に重心が移り、フォロースルーの時は左足にかかります。それから、次の打球に備えて素早く元の体勢に戻します。この打法は卓球の基本となる打法なので、一番練習を積むことが必要です。練習は互いにクロスとストレートに分けましょう。

フットワークと打球点

フォアハンド打法では次のポイントに重点を置いて練習します。一つはラケットの中心でボールを打つことです。正確に返球するためには、ラケットの中心で打たなければなりません。特に、シェークハンドラケットの場合は確実に真ん中で打つことが要求されます。次に、足の動きにも注意します。同じ場所で同じコースに打つ場合でも、常に小刻みに足を動かして、つま先で重心の軽い移動を行い、絶対に静止しないようにしましょう。これは全体のバランスを取るためにも重要なポイントです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ