ツッツキの打ち方

ツッツキは、台上のボールをカット(下回転)で返すことで、実際はショートカットとも呼ばれています。
(1)レシーブの構え。膝を柔らかくして相手のサービスに対して対応します。
(2)バックへのショートサービスと判断し、ツッツキに入ると、右足を前に踏み込む体勢を作リます。
(3)左ひじをひき、右足を踏み込み腰を落とす。ラケットをコート上に持っていき、手首を使って下回転で小さく返します。

ショート打法

台上のボールをカット(下回転)で返すことで、実際はショートカットとも呼ばれています。ショート打法は相手のスピードを利用して返しますが、ツッツキは、相手のスピード、スピンを下回転で殺して返球します。守りの打法ですが、攻撃のチャンスをつかむための、攻めの要素も持っています。この技術は、レシーブでも大きな比重を占めています。ツッツキの小さいレシーブを入れ、次の攻撃のチャンスを狙うことができます。切れるツッツキ、ナックル性のツッツキなど細かい技術も要求されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ