バックハンドのショートの打ち方

バックハンドのショートの打ち方を説明していきます。

守るショート(止めるショート)

(1)つま先に重心をおき、右足を少し前に出し、膝を軽く曲げます。
(2)前傾姿勢をとります。
(3)フリーハンドを軽く上にあげ、右ひじを体の中心で直角に曲げます。(飛んでくるボールをよくみる)
(4)手首を使いラケットに角度をつけ、相手のボールのスピードを利用します。

攻めるショート(プッシュ)

(1)止めるショートより前傾姿勢を大きく取り、右肩を少し前に出します。
(2)右手は深くひきつけます。
(3)体の反動をつけ、ラケットの角度で相手ボールを利用して返します。

ショートの打ち方のポイント

ショートとはコートについてボールがバウンドした瞬間、ラケットを立てた角度で返球する打ち方です。相手のボールのスピード、スピンの力を利用して返します。卓球を始めたばかりの人が、一番最初にボールを相手のコートへ返球できる、最も簡単な打ち方です。このショートラリーが続くようになるのが、卓球の第一歩です。構えは、ラケットをコート上に立てて、足は平行よりは右足を前に出し、全体に前かがみでつま先に体重をかけます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ