バックハンドの打ち方

バックハンドの打ち方を以下に列挙します。
(1)体重を左足に移しながらラケットを体に引き寄せます。
(2)右足へ体重移動しながらラケットを前に出します。
(3)ラケットの先で円を描くように手首を使い、腕を前に伸ばしていく。
(4)フォアハンドと同じように、コートのエンドラインから50センチくらい離れて構えます。
(5)足の幅は肩の幅より少し大きく取り、両足はコートと平行にしないで右足を少し前にだします。
(6)膝は軽く曲げ、重心を心もちつま先にかけて前傾姿勢を取ります。
(7)ラケットは体の腹部の前にお葱、左手は右手とバランスをとって自然に曲げて構えます。

打ち方

左手(フリーハンド)を肩の線まで上げて、ラケットを持つ右手が懐に入りやすくします。
右腕は肘を体の中心に引きつけて、打つ瞬間にラケットをやや下に向けます。
打った後のラケットは顔の前まで振り切り、腰をひねってラケットを返します。
大事なのは、バックスイングからボールを打つ瞬間のラケットの角度や肘の使い方です。
バックハンドのコントロールは、この肘の使い方一つにかかっているのです。
バックハンドの打ち方は、シェークハンドはバックハンドをスムーズに自然な角度で打てます。

重心の移動

打つ前は左足に重心を預け、打つ瞬間に左足から右足に移し、つま先にかかるようにします。
打った後は、右足から最初の構えの状態に戻します。
フォアハンドと同じく、フットワークは小刻みに行い、同じところで動かずに打つことは避け、いつでも左右前後に動けるようにしておきます。

練習のコツ

練習のコツは、初めショートからスタートし、徐々にバックハンドに入っていく方法がいいでしょう。
練習方法は、クロスとストレートを中心に行うようにします。まず、コントロールを身につけることからはじめ、次第にスピードからスピンをマスターするようにします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ