バックハンドロビング

バックハンドロビング
(1)体を移動してストライクゾーンで打ちます。
(2)足を踏み込みます。
(3)フォロースルーでラケットを高く上げます。

攻撃選手だけでなく、守備選手も身につけておきたい打法です。相手に攻め込まれ、後ろに下がり完全に守勢に回っと時、このロビングで相手のミスを誘い、ピンチをチャンスに変えて、ゲームを勝利に導いたという例は、過去にたくさんあります。それほど頻繁に使う技術ではありませんが、ここという時に役に立つ打法です。日頃から十分に練習して、身につけておきましょう。相手のボールの回転、バウンドなどをよく見て、フットワークでボールの落下点に動き、正しいフォームで打球することがポイントです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ