フォアハンドの打ち方のポイント(初中級者)

飛んでくるボールを、初めから最後まで見つめていなくてはなりません。打球点の高さは、右肩の真横か、そのやや前方になりますから、その位置まで素早く移動します。バック・スイングは、あまり大きく取らないで、肘の角度(90度)を変えないで、後方に引きます。このとき、腰を中心に上半身を軽くひねるようにして、手の動きを助けます。スイングは、斜め下方よりおよそ45度の角度で、斜め上方へ振るようにします。右肘は、身体からあまり離れないようにし、右ひじを中心にスイングすると、自分が狙った方向にボールを打つことができます。バック・スイングを大きくとると、肩を中心にしたスイングになります。このスイングは、身体のバランスが崩れやすいし、ボールを正確に打つことができなくなります。技術が向上してくると、この状態でも正確に打つことができますが、基本は肘を中心にスイングすることです。

ラケットの使い方

初めの構え方から、バック・スイング、打球の直前まで、ラケットの角度は床に対してほぼ直角の状態にします。そして、打球した瞬間にボールの上側の部分をラケット面でこすり上げながら、その角度を調整します。ラケットは、打球した瞬間にまだ握りしめる余裕を残して握ります。

ラケットの中心で打つ

ボールは、丸型のラケットの場合は、その中心の部分で打ちます。角形の場合は、中心よりやや先端寄りの部分で打ちます。この打つ部分(ボールとの接触点)が、常に一定していると、打球が安定します。大切なことは、この時の肘と打球点が一直線になることで、さらに、その線がラケットの縦の中心線と合致すると、スイングの力を打球点に集中できます。

フォロースルー

打球したあと、スイングした力を自然に抜きながら、ラケットをスイングした方向に振り抜くことをフォロースルーと言います。フォロースルーをしないと、打球のコントロールが悪くなり、安定性がなくなります。

重心の移動はスムーズに

初めの構えから、フォロースルーまでの重心の移動を説明します。
(1)初めの構え
両足のつま先に平均にかける
(2)バック・スイング
左足のつま先に1/3の重心を残し、残りの2/3を右足のつま先にかける。
意識しなくても、腰を後方にひねれば、この状態になります。
(3)インパクトの瞬間
両足にかかる
(4)フォロースルー
踏み出した左足に、2/3の重心がかかる
(5)初めの構えに戻る
回転した腰を戻しながら、両足に平均にかける
相手の返球に備えて、すぐ初めの構えに戻ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ