フォアハンドの打ち方(初心者)

卓球を始めたらまずはフォアハンドを練習しましょう。右利きの方なら、自分の右側で打つショットがフォアハンドです。フォアハンドをロングで打つと、ボールがゆるやかな山なりの軌道を描いて飛んでいき、相手のコートにバウンドします。

1.基本姿勢(レディポジション)

やや前かがみの姿勢で、ひざが伸びきらないように注意しましょう。親指の付け根あたりに体重を乗せます。軽くかかとを浮かすイメージしましょう。体が台に対して正面を向くよう、しっかり基本姿勢をとる。スタンスは肩幅よりもやや広めにとる。

2.バックスイング

ボールがきたら、ラケットを引きます。その時、右足に重心を移します。右腰を後ろに回すようにしてバックスイングをとリましょう。ひじは柔らかくする。

3.テイクバック

脇をしめて、ラケット面を作リます。

4.スイング

スイング時、フリーハンド(右利きの方なら左手。)は体の回る方向に引くようにしましょう。体の回転が速くなり、より鋭いスイングができます。また、打球後の体の戻りも速くなります。フリーハンドが伸びていると、体の回転がうまく使えず、腕だけで振ることになってしまいます。

5.インパクト

インパクトの瞬間には、重心が両足にかかり、フォロースルーで、踏み込んだ左足に重心が移リます。ひじと打球点が一直線になリます。ひじの角度を約90度にし、バウンドの頂点を狙って体の前で打ちましょう。ひじが伸びていると打球が不安定になります。打球は体の横ではなく前で打ちます。

6.フォロースルー

踏み出した左足に、3分の2の重心がかかリます。打った後は自然に振り抜きます。ラケット面をかぶせ、顔の左側までスイングしましょう。

7.フィニッシュ

フィニッシュの後はすばやく両足に平均に重心をかけましょう。すぐ基本姿勢に戻リます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ