フォアハンドの様々な打ち方(初心者)

(1)ツッツキ(ショート打法)

勢いがないボールがバウンドした直後を、ラケット面をやや上向きにして、鋭く突き出すようにボールの斜め下を打ちます。

(2)ショート(ショート打法)

ボールがバウンドした直後を、ラケット面を直角か、やや下向きにして、斜め前方に包んで送り出す感じで打ちます。

(3)ハーフ・ボレー(ショート打法)

ボールがバウンドし、頂点にあがりかけたところを、ラケット面をやや下向きにして、手首と肘を使い、すり上げるように打ちます。

(4)スマッシュ(ロング打法)

ボールがバウンドした頂点を、ラケット面をやや下向きにして、大きなスイングでボールを打ちます。

(5)ドライブ(ドライブ打法)

ボールがバウンドした頂点をからやや落下し始めたところを、ラケット面を下向きにして、ボールの外側をこすりあげるように打ちます。

(6)カット(カット打法)

ボールがバウンドした頂点を過ぎ落下してから、つまりボールの前進力がなくなりかけたところを、ラケット面を上向きにして、これまでの打法とは反対に、上から下に向かって振り、ボールの斜め下を切って回転を与えて送り出すように打ちます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ