フォアハンドドライブの打ち方(初心者)

卓球を始めてラリーを続けることができるようになったら、フォアハンドドライブの練習をしましょう。試合で使えるようになると、初中級者の仲間入りです。得点をとるための最重要テクニックになります。
フォアハンドドライブは、ネットより低いボールでも攻めていけるという特徴があリます。ボールの上半分を狙ってこすりあげるように打ちましょう。ボールの軌道が安定しやすくなります。

1.テイクバック

ラケット面を下に向け、ラケットを斜め下に引き、左肩をしっかりと入れてバックスイングをとリましょう。腰を十分にひねって利き腕側の足に体重を乗せ、フリーハンドでボールを呼び込みます。

2.スイング

ラケットを引いた反動を利用してスイングを開始します。

3.インパクト

体のやや前でインパクトします。ボールがラケットに当たる瞬間、ラケットを握る手に力を入れましょう。ラケットは柔らかく握るのが基本となりますが、打球に威力を出すためにはインパクトの瞬間にラケットを強く握るのがポイント。とくに親指と人差し指に力を入れると、ボールにパワーが伝わりやすくなります。

4.フォロースルー

腰を十分にひねり、ラケットを体の左側まで振り切ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ