フォアハンド・スマッシュ(初心者)

スマッシュは、相手の返球が高くバウンドしたとき、相手コートに強打して、得点を獲得しようとするショットです。
スマッシュを打つには、まず、(1)打球点を決めます、(2)大きくバックスイングをとります、(3)思い切りよくスイングします、(4)体重をのせてフィニッシュします。

以下、スマッシュを打つポイントを列挙します。

1.スタンス

スマッシュを打つときは、肩幅よりも1.5倍〜2倍くらいに広くスタンスを取ります。下半身が安定します。左足をやや前に、右足を斜め後ろにして、ひざを軽く曲げて、半身に構えます。両足の親指の付け根に体重をかけて、いつでも自分の得意な打球位置に移動できるように構えます。

2.テイクバック

大きくバックスイングをとります。ひじを中心に腕を肩の高さで引きますが、ひじはやや伸ばす程度にしておかないと、ボールが変化したときに対応することができなくなります。ラケットを高く上げ、左肩をしっかりと入れて、腰を十分にひねってスイング開始します。

3.フォワードスイング

肩を中心にスイング開始しますが、腰の回転に加えて、上体もややかぶせてインパクトまでスイングします。このときのラケットの位置は自然に高くなりますから、右肩の上から左肩の下へ大きくラケットをかかえこむように、からだ全体でスイングします。フリーハンドを引き、ひねった腰をひねり戻しながら打球に入ります。

4.打球点

打球点は、右肩の真横か、それよりもやや前になります。ラケット面は、直角よりはやや下向きになり、ボールの斜め上を右斜め上方から、左斜め下へ振り下ろすように強打します。
このとき、10の力を出し切ってしまうと、つぎの打球姿勢にもどれなくなりますから、9から8の力で打ち、余力を残しておきましょう。全身を大きく、かつ鋭く回転させることが大切。体重を乗せた右足で床を蹴り、左足を引き上げてスイングしますが、右足が床に着いたままだと体のキレが鈍くなりますので、空中で打球するようなイメージでスイングしましょう。

5.フォロースルー

左足に体重を移動しながら、全身を使って振り抜く。相手コートに叩きつけるようなイメージです。

6.フィニッシュ

インパクトのあとは、ラケットは下向きになります。
体重をのせてフィニッシュします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ