フォームづくりは徐々にしよう

正しい打法を身につけることも大事なことですが、最初は自分に馴染むラケットとラバーを使い、相手のコートに確実にボールを入れる打ち方から始めることが、さらに重要になります。初めから一流選手と同じフォームで打つ必要はありません。ショートから入り、ラリーが続くようになったら、徐々にフォームを作っていくようにしましょう。ボールを打つことと同時に、足腰の鍛錬もしておくことが大事です。そのために毎日のランニングを欠かさずに行いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ