下回転に対するスマッシュ

下回転のボールに対して、こちらから攻めるようにならないと、大会で上位に勝つことはできません。今回は、下回転に対してスマッシュを打つポイントを説明していきます。

下回転に対するスマッシュは、膝を曲げて重心をいったん低くしながら、伸び上がるようにラケットの軌道を下から上に振り上げて、高いフォロースルーを取って打地ます。打球の瞬間はラケット面をやや上向きにして、ラケットにボールを乗せるように打地ます。

1.テイクバック

ラケットを台より少し下の位置に構えます。下回転ボールに対するスマッシをするときには、その回転に負けないように台より少し下の位置からラケットを構えバックスイングに入ります。

2.スイング

ボールがバウンドして浮き上がってくるタイミングに合わせ、ひざのバネを使って伸び上がる動きに合わせてスイングします。下回転のかかっているボールはフラットに打てば下に落ちてしまうのでスイングは下から上の軌道で当てるが、打球のときにラケット面をやや開き、ボールを乗せるイメージでとらえましょう。

3.フォロースルー

スマッシュを打った後は、右ひざを大きく曲げ、ラケットを振った腕を顔の前まで大きくフォロースルーを取リましょう。下から上にスイングするとき、全身のバネも利用し、高い位置でフォロースルーを取ることで、安定した強力なボールが打ちましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ