初めて卓球ラケットを持つ方へ

ボールとラケットに慣れよう。壁ピンポン、床ピンポン、キッチンピンポンで遊びましょう。壁から1メートルくらい離れて立ち、壁相手にボールを打ちます。ラケット面を上に向けてボールを50センチくらい連続して打ち上げます。ラケットの握り方が決まったら、まずラケットを持ちボールを打ってみましょう。卓球台で打つ前に、自分一人でできることから始めましょう。最初に、ボールに慣れるためにラケットでボールをポンポン上にあげて、ラケットとボールの当たる感触を確かめてみます。

次に、壁を相手に打ってみましょう。最初は壁から1メートルのところに立ち、壁相手にボールを打ちます。ラリーが続くようになったら、だんだん距離を離してみます。卓球の基本には大事な練習過程です。技術が上達した後も、相手がいない時の調整には必要なトレーニングになります。

卓球初心者は、ラケットの角度と打つ力でコントロールすることが大事です。上手になるコツは、たくさんボールを打つことです。そうすると、ボールコントロールがよくなります。ボールコントロールが良くなると、まず次の2つのことがよくわかってきます。
ボールを真上に飛ばす、ボールつきの練習をやりましょう。
(1)ラケットの角度の加減
ラケットの向きで、ボールの弾み方が違ってきます。
まっすぐ上を向いていれば、ボールは上に弾みます。右に傾けば、右に弾み、左に傾けば、左に弾みます。
(2)強さの加減
ラケットにボールを強く当てれば高く弾むし、軽く当てれば低く弾みます。また、グリップを固く持てば高く弾み、ゆるく持てば低く弾みます。力の強さの加減が、ボールの弾みとどんな関係になっているか、しっかり分かるまでやって観ましょう。

ボールつきの目標

ボールをラケットの上で弾ませてください。
初めは2、3回続けばOKです。初めのうちは、角度や力加減を覚えることが大切で、ボールを弾ませる高さも、30センチから50センチぐらいでいいでしょう。慣れてきたら、ボールを20センチくらいの高さで、100回くらい続けてつけるようにしましょう。次に、ラケットの裏と表で交互に打って、100回続くようになったら、この練習は卒業です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ